栄養士とは

栄養士になるには、厚生労働省が管轄する「栄養士」免許を取得しなければなりません。免許を取得するには大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修業する必要があります。修業内容が多く実習が含まれるため、夜間や通信などでは免許を取得することができないようです。栄養士の上級資格には「管理栄養士」があり、こちらは栄養士の資格を取得していることが必須で、かつ国家試験に合格しなければなりません。合格率は約30%とやや難関の模様で、修業内容によっては実務経験も求められます。実際の就業内容としては栄養士と管理栄養士とではほとんど違いはないようですが、やはり上級資格ということで就職では管理栄養士の方が有利なようです。